ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:飛距離アップ編 > 飛距離アップのグリップの握り

飛距離アップのグリップの握りについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

ドライバーで飛距離をアップさせるには、
スイングやトップスピードも大切ですが、
そもそも、クラブの握りが出来てなければ意味がありません。


クラブを上から押さえつけるように構えると、
左手の握りが浅くなってしまい、
右手をかぶせるような握り方になります。


このようなグリップの握り方だと、体が回転しにくくなり、
ヘッドをうまく走らせることが出来ないばかりか、
ボールの軌道も大きく曲がる原因となります。


おすすめは、左手をややかぶせ、
右手を浅めに握った軽いストロンググリップ
です。


これなら、スイング中のフェースの旋回を抑えられて、
ミート率の向上に非常に有効です。



しかし、それ以上に大切なことは
両手のひらを正しく向かい合わせる感じで握り、
左右の手の力加減が均一になるようにすることです。



左手がメインとなっても、右手が強すぎても
エネルギーロスに繋がってしまいます。


両手の10本指にクラブの重さを感じつつ、
左右の手をバランスよく握るようにしましょう。



では、両手をどう握れば良いのかを確認していきますが、
まずは、スイング中にクラブフェースが無駄な旋回をせず、
フェースがスクエアにインパクトする動きを先に覚えることが大切です。


そこでお勧めの方法が、クローズフェースドリルです。


フェースをかぶせて構え、右肘を体に近づけ、
若干ハンドファーストの体勢をつくり、
インパクトでのスクエア感をイメージして打ちましょう。




両手に力が入りすぎてしまうと、
両手が先行しすぎたインパクトとなってしまい、
フェースが開いて当たってしまいます。


そのためにも、両手を柔らかく握って
スイングを行うようにします。


自分で両手の握り方を微調整しながら打つうちに
ボールがしっかりと捕まえる握り方が分かってくるでしょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:飛距離アップ編記事一覧

クラブヘッドとスイングのスピード

遠くへ飛ばすには一般的に必要なテクニックとして、ヘッドスピードを向上させることが必要とされています。ひとくちにヘッドスピードと言っても、クラブヘッドの運動量によ...

クラブヘッドの動かし方のコツ

ヘッドスピードが飛距離アップに重要な要因を持っていることは、誰もが知っている常識ですね。だからといって、クラブを速く振り下ろそうとして、両手や肩に余計な力が...

スイングにはリズムが大切

何事もそうですが、やはりリズムが大切。これは誰もがその人特有のリズムを持っています。それを無理に崩すこと無く、味方に付けられれば、飛距離アップにも繋がります。 ...

インパクトの作り方

良い感じでインパクトが決まったとドヤ顔!でも、実際は思ったほど飛距離が伸びていない。こうした経験は誰しもがあるものです。原因は、クラブヘッドを単...

ミート率の向上

どんなにヘッドスピードを向上させたとしても、クラブフェースの芯の部分でボールを捉えられなければ意味がありませんし、飛距離アップも狙えません。また、同様に...

大きなスイングアーク

ダウンスイングからインパクト、そしてフォロースルーにかけてクラブヘッドは目標よりも外側に行こうとする遠心力が発生します。当然ながら、この遠心力と同じ方向に体...

飛距離アップのグリップの握り

ドライバーで飛距離をアップさせるには、スイングやトップスピードも大切ですが、そもそも、クラブの握りが出来てなければ意味がありません。クラブを上から押さえつけるよ...