ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:飛距離アップ編 > 大きなスイングアーク

大きなスイングアークについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

ダウンスイングからインパクト、
そしてフォロースルーにかけてクラブヘッドは
目標よりも外側に行こうとする遠心力が発生します。


当然ながら、
この遠心力と同じ方向に体が動いてしまっては、
ヘッドスピードは上がりません。


クラブが外に行こうとしつつ、
体は目標の左側に回転することが大切です。


つまり、この時点でクラブヘッドと体が
互いに引っ張り合うような形となるわけです。



クラブヘッドが体から最も遠く離れた位置から
求心力によって腕やクラブが体に巻き付くように
体に近づき、フィニッシュを迎えます。



この時の体の回転スピードが速ければ速いほど、
スイングアークが大きくなり
クラブの運動量も増えてヘッドスピードが上がります。



スイングアークの拡大を図るなら、
3つの段階に分けた素振りを行うことが効果的です。


まず、第一段階では、クラブを短く持ち、
右腰の高さまで上げて、左腰の高さまで振り抜きます。


ゆっくりとしたリズムで、バックスイングと
フォロースルーが左右対称になるようにスイングをします。



これを10回ほど繰り返したら、
第2段階に移行します。


右肩から左肩の高さまでのスイングの素振りを
10回繰り返します。


最後にフルスイングを10回行います。


この時にスイングのリズムは
絶対に最後まで変えないようにしましょう。




この3段階の素振りを行うことで、
体の回転量が増え、振り幅が大きくなっていきます。



振り幅が大きくなれば、
クラブヘッドが体から離れようとする遠心力と、
クラブを引き戻そうとする求心力が働き、
クラブヘッドが加速していくことを実感できるでしょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:飛距離アップ編記事一覧

クラブヘッドとスイングのスピード

遠くへ飛ばすには一般的に必要なテクニックとして、ヘッドスピードを向上させることが必要とされています。ひとくちにヘッドスピードと言っても、クラブヘッドの運動量によ...

クラブヘッドの動かし方のコツ

ヘッドスピードが飛距離アップに重要な要因を持っていることは、誰もが知っている常識ですね。だからといって、クラブを速く振り下ろそうとして、両手や肩に余計な力が...

スイングにはリズムが大切

何事もそうですが、やはりリズムが大切。これは誰もがその人特有のリズムを持っています。それを無理に崩すこと無く、味方に付けられれば、飛距離アップにも繋がります。 ...

インパクトの作り方

良い感じでインパクトが決まったとドヤ顔!でも、実際は思ったほど飛距離が伸びていない。こうした経験は誰しもがあるものです。原因は、クラブヘッドを単...

ミート率の向上

どんなにヘッドスピードを向上させたとしても、クラブフェースの芯の部分でボールを捉えられなければ意味がありませんし、飛距離アップも狙えません。また、同様に...

大きなスイングアーク

ダウンスイングからインパクト、そしてフォロースルーにかけてクラブヘッドは目標よりも外側に行こうとする遠心力が発生します。当然ながら、この遠心力と同じ方向に体...

飛距離アップのグリップの握り

ドライバーで飛距離をアップさせるには、スイングやトップスピードも大切ですが、そもそも、クラブの握りが出来てなければ意味がありません。クラブを上から押さえつけるよ...