ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:飛距離アップ編 > インパクトの作り方

インパクトの作り方について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

良い感じでインパクトが決まったとドヤ顔!
でも、実際は思ったほど飛距離が伸びていない。


こうした経験は誰しもがあるものです。



原因は、クラブヘッドを
単にボールに当てているだけだから。


インパクトが小さな点となり、
スイングで乗せられたパワーが
ボールに十分に伝達されていないためです。



同様に上体がアドレスの時よりも
起き上がってしまったハンドアップのインパクトも
力を乗せられない原因となります。



飛距離を伸ばすには、ボールを前に飛ばせるような
インパクトを作ることが重要なのです。


クラブフェースを柱や壁などに当てた状態で、
アドレスの姿勢を作り、フェース面をそのまま押してみましょう。



手だけで押すと、力が十分に伝わりませんが、
腰を少し落として体全体を使い、目標方向に
まっすぐに押す
ようにしてみましょう。


力が前方に動いていくのが体感できるはずです。




実際に物を前に押すインパクトを実感できる
素振り方法を紹介します。



最初のアドレスの姿勢で
クラブヘッドを目標側に少し押して、
そこからバックスイングに入る素振りをします。


クラブヘッドを前に出すときは、
体重を左腿に寄せて重心を下げ、
インパクト直後のフォロースルーと同じ姿勢を作ります。


クラブヘッドを押し出す感覚を身に付けることで、
インパクトゾーンでクラブヘッドを
低く長く振れるようになれます。


クラブヘッドの入射角度が緩やかになれば、
クラブフェースがボールに向かって一定方向に動き、
それだけボールを前に、遠くへ飛ばせるようになります。



クラブフェースを上から押さえつけるように打つ人には、
特に効果のある素振り方法です。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:飛距離アップ編記事一覧

クラブヘッドとスイングのスピード

遠くへ飛ばすには一般的に必要なテクニックとして、ヘッドスピードを向上させることが必要とされています。ひとくちにヘッドスピードと言っても、クラブヘッドの運動量によ...

クラブヘッドの動かし方のコツ

ヘッドスピードが飛距離アップに重要な要因を持っていることは、誰もが知っている常識ですね。だからといって、クラブを速く振り下ろそうとして、両手や肩に余計な力が...

スイングにはリズムが大切

何事もそうですが、やはりリズムが大切。これは誰もがその人特有のリズムを持っています。それを無理に崩すこと無く、味方に付けられれば、飛距離アップにも繋がります。 ...

インパクトの作り方

良い感じでインパクトが決まったとドヤ顔!でも、実際は思ったほど飛距離が伸びていない。こうした経験は誰しもがあるものです。原因は、クラブヘッドを単...

ミート率の向上

どんなにヘッドスピードを向上させたとしても、クラブフェースの芯の部分でボールを捉えられなければ意味がありませんし、飛距離アップも狙えません。また、同様に...

大きなスイングアーク

ダウンスイングからインパクト、そしてフォロースルーにかけてクラブヘッドは目標よりも外側に行こうとする遠心力が発生します。当然ながら、この遠心力と同じ方向に体...

飛距離アップのグリップの握り

ドライバーで飛距離をアップさせるには、スイングやトップスピードも大切ですが、そもそも、クラブの握りが出来てなければ意味がありません。クラブを上から押さえつけるよ...