ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:パット編 > 巨大マレットを使い込なせ!

巨大マレットを使い込なせ!について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

グリーンで仲間が取り出したパター・・

「え・・・?なんじゃそのデカイのは〜〜〜!?」
!Σ( ̄口 ̄;;


という経験は、最近では結構ありますかね。



初め見たときは、びっくりしたものです。
何かを計測でもする新しい機材なのかなって。



最近ではアマチュアのみならず、
プロの間でもこのようなヘッドが大きな
マレット型パターが人気ですね。


このマレット型パターは、
これまであったピン型パターとは見た目だけでなく、
その構造も大きく異なります。


ピン型パターに比べ、巨大マレットは
重心位置が常に深く、そしてシャフト延長線上に
スイートスポットが存在
します。


スイートエリアが広いために、
ミスショットに強いのが特長です。


ですが、その反面、テイクバックでフェースを開くと
インパクトでフェースをスクエアに戻しにくいという
デメリットもあります。


そのため、この巨大マレット型パターを使う場合は
フェースの開閉を抑えて、まっすぐにストロークした方が
距離感や方向性が安定します。



深重心設計の巨大マレットは
使用するうえで扱いやすいイメージがありますが
その性能を完全に引き出すにはフェースの向きにこだわって
ストロークする
ことが必須となります。


では、この巨大マレット型パターを
上手に開閉を最小限に抑えてストロークするには、
どうすれば良いのかについて、解説しますね。


まず、テイクバックでは、フェースを徐々に下に向けて、
ヘッド後方を持ち上げるようにイメージしましょう。


幼い頃に遊んだブランコのように、
ヘッドを動かすと、フェースの向きを変えずに
まっすぐの軌道でテイクバック出来るようになります。


一方、フェースを平行移動させる感じで
テイクバックしようとすると、手先が動きすぎて、
逆に軌道が不安定になりがちですので注意です。


テイクバックでフェースを下に向けるコツは、
肩を縦に回転させることです。


始動と共に左肩を下げて、
ヘッドを後方を持ち上げる感じが掴めれば大丈夫。


ヘッドをまっすぐ動かしつつ、フェースを下に向けて
テイクバックできるようになっているはずです。



テイクバックが上達したら、
次はダウンスイングからフォローです。


ダウンスイングのあとは、
テイクバックで下げた左肩を引き上げて、
ヘッドを動かす
ようにします。


その際に、テイクバックとは逆に
ヘッドのおしりを下げてフェース面を上にむけていきましょう。


フェースを縦に回転させるように心がけると、
フェースの開閉が抑えられて、
方向性やミート率の良いパットが打てるようになりますよ。


ダウン以降、左肩を引き上げるのに気を付けたいのが、
グリップエンドの動きです。


グリップエンドを少し持ち上げる感じでストロークすると、
手先が余計な動きをしないで済むはずですよ。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:パット編記事一覧

効果的な自宅練習法

調子よくグリーンまではいけた!さぁ、カップインまではあと少し・・・。・・・あと少し。・・うん、もう少し。だぁぁ〜〜〜!なんで入らないんだよっ! ...

短い距離のパット攻略術

カップまで残り1m。ほぼ歩く一歩程度の距離。そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。おかしい、家や練習場では入ったのに、なんで本番では入らな...

下りのパット上達のコツ

下りのパットって、うまく出来ます?私はかなり苦手でした。上りのパットなら距離が合うにも関わらず、下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。もし、あな...

パットの距離を見極める!

カップまでの距離からして、このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・入る!!!!コン・・・、ころころ・・・「おい、止まれ、止まれ!!!!(;...

高速グリーンの攻略!

経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・コン・・・、コロコロ〜〜〜!!!!!!Σ( ̄口 ̄;; えええええ〜〜〜!!!しっかりと打つ...

巨大マレットを使い込なせ!

グリーンで仲間が取り出したパター・・「え・・・?なんじゃそのデカイのは〜〜〜!?」!Σ( ̄口 ̄;;という経験は、最近では結構ありますかね。初...