ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:パット編 > 高速グリーンの攻略!

高速グリーンの攻略!について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・


コン・・・、
コロコロ〜〜〜!!!!!


!Σ( ̄口 ̄;; えええええ〜〜〜!!!



しっかりと打つと転がりすぎてしまい、
かと言って弱めに打てば届かない。



こういう高速グリーンを攻略するうえで、
まず確認したいのが手首の使い方です。



ダウンスイングでヘッドを遅らせて、
インパクトからフォローに掛けて
手首を使ってヘッドを走らせる打ち方は、
高速グリーンを攻略するうえで、適していません。


インパクトゾーンでヘッドにボールが強くヒットして、
良い感じで打つと転がりすぎてしまうからです。



遅いグリーンは手首を過度に使ったほうが、
距離感を出しやすいですが、速いグリーンでは、
手首を使うほどに転がり過ぎに意識がいってしまい、
インパクトゾーンで余計なことをしてしまうのです。


この余計なことが距離感を狂わせる原因です。



手首の余計な動きを封じるには、
パターではなく棚板などを使って、
ストローク練習するとよいでしょう。


クラブよりも板状のモノのほうが、
手首を使わないでボールを打つ感覚を養えるからです。


方法として、棚板の両端をつかんだら、
いつものようにパットを打つ感じでアドレスを決めます。


ボールは棚板の左縁にセットして、
そこからボールを打つつもりで棚板を左右に動かします。


両手を広げて構えると、手首が余計な動きをしません。
また、棚板は重さもあるため、手先だけで動かせませんね。


体全体を使って、棚板を左右に動かして
板の縁でボールを打ちます。


棚板の重さを利用することで、
手首を使いすぎない感覚を短時間で養えますよ。


この練習により、テイクバック軌道の良し悪しも
同時に確認することができます。



テイクバックで気を付けたいのが、
始動直後の軌道です。


板をねじってインサイドに引いたり、
真っ直ぐ引くのを誤解して
アウトサイドに板を引かないように気をつけましょう。


狙ったライン(飛球線)に対して、
板をまっすぐ後ろに引きます




この感じがつかめたら、
パターに持ち替えてストローク練習をします。


この繰り返しを実践することで、
テイクバックの軌道が格段に良くなって、
ミスパットの減少に繋がりますよ。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:パット編記事一覧

効果的な自宅練習法

調子よくグリーンまではいけた!さぁ、カップインまではあと少し・・・。・・・あと少し。・・うん、もう少し。だぁぁ〜〜〜!なんで入らないんだよっ! ...

短い距離のパット攻略術

カップまで残り1m。ほぼ歩く一歩程度の距離。そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。おかしい、家や練習場では入ったのに、なんで本番では入らな...

下りのパット上達のコツ

下りのパットって、うまく出来ます?私はかなり苦手でした。上りのパットなら距離が合うにも関わらず、下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。もし、あな...

パットの距離を見極める!

カップまでの距離からして、このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・入る!!!!コン・・・、ころころ・・・「おい、止まれ、止まれ!!!!(;...

高速グリーンの攻略!

経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・コン・・・、コロコロ〜〜〜!!!!!!Σ( ̄口 ̄;; えええええ〜〜〜!!!しっかりと打つ...

巨大マレットを使い込なせ!

グリーンで仲間が取り出したパター・・「え・・・?なんじゃそのデカイのは〜〜〜!?」!Σ( ̄口 ̄;;という経験は、最近では結構ありますかね。初...