ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:パット編 > パットの距離を見極める!

パットの距離を見極める!について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

カップまでの距離からして、
このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・

入る!!!!



コン・・・、ころころ・・・


「おい、止まれ、止まれ!!!!(;>_<)」



今度こそ・・・

「なんでそこで止まるんだ!!!!(;>_<)」



自分ではうまく打てたつもりなのに、
ボールの転がりが悪くて距離感が・・・


こういう経験があるのなら、
パットでのボールの捉え方を見直しましょう。



パットの転がりは、
インパクトの際のロフト角で決まります。


ハンドファーストの状態で、
ボールをつぶして打つのは最悪の状態です。


ロフトが減るので、ボールは地面に向かって打ち出され、
飛び跳ねてしまうからです。



多くの方が気づいていないのですが、
パットもロフトを有効に使ったほうが、
転がりが良くなり、カップまでの距離感が安定します。



グリーン上のボールは芝に浮いているように見えますが、
実は、ボール自体の重さで沈んでいるのです。


転がりの良いパットを打つには、
パターのロフトを利用して
ボールを僅かに浮かせるのがポイントです。



打つ時にロフトを減らさないようにするには、
アドレス時にロフトを減らさないこと。


それにはロフトの角度に気をつけることです。


地面と垂直にシャフトをセットして構えると
パターのロフトを有効に使っていけますよ。


その為、ボールを右足寄りにセットしたり、
ボールの位置よりも手元が前に出た
ハンドファーストの構えを作るのは絶対にダメ。


アドレス時にロフトが減ることになってしまうし、
こんな状態では、手首を上手に利用しなければ、
ロフトをうまく使えませんからね。


ボールの位置は、両足中央より、やや左にします。
左右均等の体重で構えたら、左目の真下くらいに
ボールをセットします。


これでシャフトを地面に対して、
垂直にセットしやすくなるはずです。


パターのロフトは3〜4度くらい。
このロフトを維持して構えることで、
ボールの良い転がりを生むことが出来ます。



ストロークにおいては、手や腕を動かさずに
肩の動きでパターを扱いましょう。


肩を上下に動かすことでパターを動かせば、
ストローク中に自分に対して
シャフトの角度も変わりにくくなります。


パターを肩の動きで動かすコツは、
テイクバックで左肩を下げ、
ダウン以降は下げた左肩を引き上げることです。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:パット編記事一覧

効果的な自宅練習法

調子よくグリーンまではいけた!さぁ、カップインまではあと少し・・・。・・・あと少し。・・うん、もう少し。だぁぁ〜〜〜!なんで入らないんだよっ! ...

短い距離のパット攻略術

カップまで残り1m。ほぼ歩く一歩程度の距離。そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。おかしい、家や練習場では入ったのに、なんで本番では入らな...

下りのパット上達のコツ

下りのパットって、うまく出来ます?私はかなり苦手でした。上りのパットなら距離が合うにも関わらず、下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。もし、あな...

パットの距離を見極める!

カップまでの距離からして、このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・入る!!!!コン・・・、ころころ・・・「おい、止まれ、止まれ!!!!(;...

高速グリーンの攻略!

経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・コン・・・、コロコロ〜〜〜!!!!!!Σ( ̄口 ̄;; えええええ〜〜〜!!!しっかりと打つ...

巨大マレットを使い込なせ!

グリーンで仲間が取り出したパター・・「え・・・?なんじゃそのデカイのは〜〜〜!?」!Σ( ̄口 ̄;;という経験は、最近では結構ありますかね。初...