ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:パット編 > 下りのパット上達のコツ

下りのパット上達のコツについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

下りのパットって、うまく出来ます?


私はかなり苦手でした。
上りのパットなら距離が合うにも関わらず、
下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。


もし、あなたもそのような経験・悩みがあるなら、
一度グリップの緩みを確認してみてください。



と、いうのもインパクトが緩んだら
下りのパットが決まる確率がガクンと下がります。


その理由として、インパクトが緩むほどに
手首に余計な動きが発生してしまい、
打点がブレやすくなるからです。


また、手首を使ってしまうことでヘッドだけを動かすこととなり、
インパクトでフェースがかぶって
引っ掛けのミスを誘発しやすくなります。


下りのパットは、優しく打っても成功しません。


下りでも距離感をしっかりと合わせるには、
手首を極力使わないストロークが必要不可欠となります。


では、手首を極力使わないストロークを身につけるには
どのような練習が良いのか?



気をつける点は2つ。

ひとつめは、テイクバックからフォローまで、
グリップをしっかりと握っておくことです。


この握りの力加減を一定に保つことで、
手首の動きを制限することが可能となります。


そして、もうひとつは
パター全体を動かすことを強く意識すること。


ヘッドとシャフト、グリップが
同じスピードで動くように心がければ、
インパクトが緩むことなく手首の使いすぎも制御できます。


おすすめの練習法は、
パターの他にサンドウェッジを用意します。


そして、ヘッドを互い違いにしてグリップを決め、
その状態でストロークをします。

※グリップエンド側にサンドウェッジのヘッドがくるように
 2本まとめて持ちます。

 グリップエンド側を重くすると、
 パター全体を動かす感覚が掴みやすいはずです。


結果として、クラブの重心点が中央付近となって、
クラブ全体を動かすイメージを出しやすくなります。


パターだけに戻した時も、
クラブ全体を動かすように心がけることで、
手首をうまく固定できているはずです。



インパクトにおいて気を付けたいのが、
パターのロフトの角度の活かし方。


パターにもロフトが微小ながらついています。
(3〜5度程度)


そのロフト通りに打つことで、
打ち出し直後にボールがほんの僅かに浮き、
強いオーバースピンが掛かるのを防ぐことができます


これにより、ボールの転がり過ぎを防止でき、
下りのラインでもしっかりと打っていけるようになるでしょう。


コツとして、とにかくシャフトの角度を意識すること。


シャフトが地面と垂直になっていれば、
ロフトが増えたり減ったりすることはありません。


逆にハンドファースト(シャフトが左に傾いてしまう)なほど、
ロフトが立ってしまいます。


下りのパットでは絶対に
ハンドファーストの状態で打たないことを
覚えておきましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:パット編記事一覧

効果的な自宅練習法

調子よくグリーンまではいけた!さぁ、カップインまではあと少し・・・。・・・あと少し。・・うん、もう少し。だぁぁ〜〜〜!なんで入らないんだよっ! ...

短い距離のパット攻略術

カップまで残り1m。ほぼ歩く一歩程度の距離。そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。おかしい、家や練習場では入ったのに、なんで本番では入らな...

下りのパット上達のコツ

下りのパットって、うまく出来ます?私はかなり苦手でした。上りのパットなら距離が合うにも関わらず、下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。もし、あな...

パットの距離を見極める!

カップまでの距離からして、このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・入る!!!!コン・・・、ころころ・・・「おい、止まれ、止まれ!!!!(;...

高速グリーンの攻略!

経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・コン・・・、コロコロ〜〜〜!!!!!!Σ( ̄口 ̄;; えええええ〜〜〜!!!しっかりと打つ...

巨大マレットを使い込なせ!

グリーンで仲間が取り出したパター・・「え・・・?なんじゃそのデカイのは〜〜〜!?」!Σ( ̄口 ̄;;という経験は、最近では結構ありますかね。初...