ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:パット編 > 短い距離のパット攻略術

短い距離のパット攻略術について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

カップまで残り1m。
ほぼ歩く一歩程度の距離。


そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。


おかしい、家や練習場では入ったのに、
なんで本番では入らないんだよっ!


そんな人はメンタルの弱さが原因!!!

と、言いたいところですが、
それでは話が終わってしまうので技術的なお話をします。



短いパットを外してしまう原因はいくつもありますが、
引っ掛けに悩む人に共通していることがあります。


それが、頭と体のスウェー



カップに入れたいという気持ちが強ければ強いほど、
結果を急いでしまい頭と体がカップの方へスウェーしてしまいます。


頭と体が左にスウェーすればするほど、
肩の開きが早くなって
左に引っ張り込む打ち方になってしまいます。


パターに限らず、ボールを撃ち出す方向は
肩の向きで決まります。


引っ掛けをしないためにも、
頭と体が左にスウェーしない動きにしなければいけません。



それを防止するためのコツは、ストローク中に
頭を動かさないことよりも
カウンターバランスを意識するのが良いでしょう。



テイクバックでもフォローでも、
頭とパターヘッドが逆方向に動いて
お互いがお互いを引っ張り合っている状態を作るのです。



これで左へのスウェーをすぐに矯正できるはずです。



カウンターバランスがわからないという人は、
下記の練習方法で体に覚えさせてください。


まず、ボールが詰まっているダース箱を用意し、
それを床においたら、ボールに見立ててアドレスを決めましょう。


テイクバックは行わずに、
フォローだけでダース箱を動かすようにしてみてください。



頭を右に動かした反動を利用して、フォローを取る。


この時に頭とパターヘッドが逆に動けば、
体は左にスウェーすることはありません。


肩を開かないでフォローを取ることができるようになります。



パットをうまく打つためには、
手と腕をできるだけ動かさないようにすることも
重要なポイントです。



手と腕はパターを持つために使い、
あとは左肩が上下に動くことで
手と腕、そしてパターを動かすようにしましょう。


この動きを身に付けられれば、
パットの方向性が格段に良くなるだけでなく、
精神的にプレッシャーがかかった場合でもミスが無くなりますよ。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:パット編記事一覧

効果的な自宅練習法

調子よくグリーンまではいけた!さぁ、カップインまではあと少し・・・。・・・あと少し。・・うん、もう少し。だぁぁ〜〜〜!なんで入らないんだよっ! ...

短い距離のパット攻略術

カップまで残り1m。ほぼ歩く一歩程度の距離。そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。おかしい、家や練習場では入ったのに、なんで本番では入らな...

下りのパット上達のコツ

下りのパットって、うまく出来ます?私はかなり苦手でした。上りのパットなら距離が合うにも関わらず、下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。もし、あな...

パットの距離を見極める!

カップまでの距離からして、このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・入る!!!!コン・・・、ころころ・・・「おい、止まれ、止まれ!!!!(;...

高速グリーンの攻略!

経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・コン・・・、コロコロ〜〜〜!!!!!!Σ( ̄口 ̄;; えええええ〜〜〜!!!しっかりと打つ...

巨大マレットを使い込なせ!

グリーンで仲間が取り出したパター・・「え・・・?なんじゃそのデカイのは〜〜〜!?」!Σ( ̄口 ̄;;という経験は、最近では結構ありますかね。初...