ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:パット編 > 効果的な自宅練習法

効果的な自宅練習法について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

調子よくグリーンまではいけた!
さぁ、カップインまではあと少し・・・。


・・・あと少し。

・・うん、もう少し。


だぁぁ〜〜〜!なんで入らないんだよっ!



せっかくの楽しいゴルフがストレスへと変わる瞬間です。
情けでOKを貰っても、それはそれで悲しいものがありますしね。


だから、自宅でもできるパットの練習は本当に大切です。
今回はパットの自宅練習のコツを一緒に学んでいきましょう。



通常のスイングからのショット同様、
パットにおいてもうまく打つには構えが重要です。


構えが悪いと、ストロークが不安定になったり、
方向性が定まらなくなります。


ボールコントロールを向上させるには、
ボールの位置が非常に重要となります。


パットを打つ場合、左目の下にボールをセットするのが基本です。


一度ためしてみるとわかると思いますが、
左目の真下にボールがあると、目とボールの関係が適正となり、
テイクバックでヘッドを真っ直ぐに引きやすくなります。


目の位置をチェックする方法は簡単です。
ボールが2つあれば出来ます。


一つはアドレスの位置にセットをして、
もう一つを左手に持ち左目の下に持ってきます。



左手のボールから手を離し、そのまま自由落下させ、
セットしたボールに当たれば目の位置が正しいことが判ります。


2つのボールがぶつからなければ、
目の位置がズレていますので、何度も調整をしてみて
正しい位置を見つけるようにしましょう。



アドレスの位置がわかったら、
続いてヘッドの軌道のチェックをします。


ボールを真っ直ぐに転がしてやるためにも、
パターはできるだけ地面と平行して動かしてやる必要があります。


その感じを掴むには、サンドウェッジを使う方法があります。


パターのようにグリップを決めたらソールを少し浮かせて、
リーディングエッジがボールの赤道付近にくるようにセットします。


それが決まれば、
あとはリーディングエッジでボールを打って
転がすようにしてみましょう。


ヘッドの多少のズレで
フェースにボールが乗って浮いてしまうため、
やってみると意外と難しいです。


完全にトップをさせて転がすように心がけると、
ヘッドを低く長く動かす感覚が掴めてきますよ。


あとは、これらの繰り返しを行い、
しっかりと身に付けて本番に望みましょう。


ワンポイントアドバイスですが、
ややインサイドアウト気味に打つことでヘッドの軌道が安定し、
ボールの方向性が格段に良くなりますよ。


それにボールの転がりもスムーズになるはずです。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:パット編記事一覧

効果的な自宅練習法

調子よくグリーンまではいけた!さぁ、カップインまではあと少し・・・。・・・あと少し。・・うん、もう少し。だぁぁ〜〜〜!なんで入らないんだよっ! ...

短い距離のパット攻略術

カップまで残り1m。ほぼ歩く一歩程度の距離。そんな短い距離だからこそ緊張してうまく打てない。おかしい、家や練習場では入ったのに、なんで本番では入らな...

下りのパット上達のコツ

下りのパットって、うまく出来ます?私はかなり苦手でした。上りのパットなら距離が合うにも関わらず、下りのパットだと足りないか、行き過ぎるか。もし、あな...

パットの距離を見極める!

カップまでの距離からして、このくらいの力加減で打てば間違いなく・・・入る!!!!コン・・・、ころころ・・・「おい、止まれ、止まれ!!!!(;...

高速グリーンの攻略!

経験上、この距離なら力加減はこのくらいか・・・コン・・・、コロコロ〜〜〜!!!!!!Σ( ̄口 ̄;; えええええ〜〜〜!!!しっかりと打つ...

巨大マレットを使い込なせ!

グリーンで仲間が取り出したパター・・「え・・・?なんじゃそのデカイのは〜〜〜!?」!Σ( ̄口 ̄;;という経験は、最近では結構ありますかね。初...