ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイング講座:バンカーショット編 > 早朝の凍ったバンカーの攻略方法

早朝の凍ったバンカーの攻略方法について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

日本には四季があり、
暖かい時期のゴルフは気持ちがいいですが、
寒い冬に行うゴルフは非常に辛い。


腰や膝に来るばかりでなく、手もかじかみ、
ちょっとのミスでバンカーに入ってしまったと思ったら、
バンカーが凍っている。


そんな凍ったバンカーに気付いて
「あちゃー」とこちらの背筋までが凍ってしまった・・・


そんな経験ありませんか?


さて、この凍ったバンカーを上手く脱出するには、
まずしっかりとアドレスを決めることが大切。


凍ったバンカーではソールが跳ねやすいために、
過剰にバウンスが利いてしまい、
結果ホームランやトップが出やすくなります。


ただ、逆に言うとざっくりが出ない部分だけは
救いといえるかも言えません。


ですので、絶対にフェースは開かないようにしましょう。
場合によってはフェースを多少閉じて
アドレスをセットしても良いでしょう。



左かかとの延長線上付近にボールをセットしたら、
サンドウェッジの刃先を目標よりも少し左に向けて
グリップを決めます。


これでバウンスを減らすことが出来て、
クラブヘッドをボールの下に入れやすくなるのです。



フェースを開かないでアドレスを決めたら、
次にスイングの軌道を確認しましょう。


テイクバックでもダウンスイングでも、
シャフトを寝かさないように注意が必要です。


というのも、スイング中にシャフトを寝かせてしまうと、
インパクトゾーンで左手が浮いてしまい、
ボールが跳ねやすくなってしまいます。


跳ねやすくなった結果、
ホームランやトップを誘発してしまうのです。


凍ったバンカーに対してボールの下にヘッドを入れるときは
シャフトを立ててスイングをすることが非常に重要です。


シャフトを寝かさないためのポイントは、
右手と左手の関係を意識することです。


テイクバックでもダウンスイングでも、
右手が常に左手の上にきていること。


右手が上の状態にあるように意識すると、
シャフトを立ててスイングが出来るようになるはずです。



また、ダウンスイングからインパクトに掛けて
右肩を下げないように注意をしてください。


右肩が下がってしまうと、体重が右側に残ってしまうために、
すくい打ちのミスへとつながります。


右腕を伸ばしながらインパクトを迎えるようにしましょう。
これで軌道がダウンブローになってボールの下にヘッドが入り、
凍ったバンカーから脱出できます。


その際は、オーバーを恐れずに通常のバンカーショット同様に
フェアウェーの時よりも3倍ほどの距離を飛ばすつもり
振りぬきましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイング講座:バンカーショット編記事一覧

フェアウェーバンカー脱出テクニック

フェアウェーバンカーでのスイングとなると、ダフリをしないように気をつけようとして右足よりにボールをセットしたがる方が少なくないですね。でも、実はこのセット方法は...

ガードバンカーを攻略しろ!

目の前はグリーン!!でも、私のボールは砂の中・・・。グリーンが・・・、カップが目の前にある状態のバンカーショットというのは、非常に緊張します。寄...

極めろエクスプロージョン!

あたかも火山が噴火したかのような、バンカーショット。巻き上がる砂の中から、ボールが出てくるときの気持ちよさはバンカーショットの芸術とも言えるでしょう。 ...

バンカーでホームランを打たない

石川遼選手や、宮里藍選手のようになりたくて、ゴルフを始めたものの、気付けばバンカーショットで、ホームラン王となっていた。そんな悲しい思いはもう最後です。...

さらさらの砂に負けるな!

ただでさえ嫌なバンカー。それが新雪のようなサラサラであったなら、子供達と砂遊びをするには適しているのでしょうが、バンカーショットとなると非常に面倒なものです。 ...

バックスピンをかけてグリーンを捉えろ!

テレビでプロゴルフを見ているとバンカーからエクスプロージョンをかましつつショット。でも、「あ〜、カップを越えちゃったか・・・」と、思いきやまるで磁石...

早朝の凍ったバンカーの攻略方法

日本には四季があり、暖かい時期のゴルフは気持ちがいいですが、寒い冬に行うゴルフは非常に辛い。腰や膝に来るばかりでなく、手もかじかみ、ちょっとのミスでバンカー...