ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイング講座:バンカーショット編 > さらさらの砂に負けるな!

さらさらの砂に負けるな!について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

ただでさえ嫌なバンカー。

それが新雪のようなサラサラであったなら、
子供達と砂遊びをするには適しているのでしょうが、
バンカーショットとなると非常に面倒なものです。


通常のバンカーならばサンドウェッジのソールが跳ねるので
特に苦手としない人でも、砂の状態が柔らかいと
これはまた別の話ですね。


特にざっくりに悩む人は、今回の記事で
しっかりと一緒に勉強をして克服しましょう。



サラサラのバンカーでざっくりを出しやすい人の特徴は、
打ち込んでしまう傾向にあります。


打ち込んでしまうと、ヘッドが砂に潜ってしまうために
ざっくりをやってしまうのです。


それと共に、打ち込もうと強く考えている人ほど、
体が上下に動いてしまうことで、
リーディングエッジからヘッドが入りやすくなってしまいます。


その結果、砂を深く掘りすぎることになってしまい、
ざっくりのミスショットにつながります。



ご存知のようにサンドウェッジは
ソールが跳ねやすいように出っ張って作られています。


それが、柔らかい砂のバンカーで打ち込んでしまうと、
リーディングエッジが最初に砂に触れてしまうことになるのです。


結果、ソールの出っ張りが使えなくなり、
ざっくりとなってしまうのです。



サラサラのバンカーでざっくりを避けるには、
テイクバックで上げた軌道をなぞるようにヘッドを下ろせば
基本すくい打ちになることはありません。


そして、右ひじの使い方にも注意が必要です。



ダウンスイングの開始と共に、
右ひじを徐々に伸ばしていきましょう。



そして、右ひじが伸びきったところでヘッドのソール部分が
ボールの手前の砂に触れるように意識するのです。


これが出来るようになれば、
ヘッドは砂の中に深く潜ることを防げます。


ソールが気持ちよく滑ってくれ、サラサラの砂でも、
その爆発力でボールを飛ばしてくれます。


今回に限らず、バンカーショットの場合、
体重移動やボディーターンは考えなくてもいいです。


手打ちの意識で右ひじを伸ばす、
これが大切。


シャフトが地面と垂直になったときに、
ソール面がボール手前の砂面に触れるのがベストです。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイング講座:バンカーショット編記事一覧

フェアウェーバンカー脱出テクニック

フェアウェーバンカーでのスイングとなると、ダフリをしないように気をつけようとして右足よりにボールをセットしたがる方が少なくないですね。でも、実はこのセット方法は...

ガードバンカーを攻略しろ!

目の前はグリーン!!でも、私のボールは砂の中・・・。グリーンが・・・、カップが目の前にある状態のバンカーショットというのは、非常に緊張します。寄...

極めろエクスプロージョン!

あたかも火山が噴火したかのような、バンカーショット。巻き上がる砂の中から、ボールが出てくるときの気持ちよさはバンカーショットの芸術とも言えるでしょう。 ...

バンカーでホームランを打たない

石川遼選手や、宮里藍選手のようになりたくて、ゴルフを始めたものの、気付けばバンカーショットで、ホームラン王となっていた。そんな悲しい思いはもう最後です。...

さらさらの砂に負けるな!

ただでさえ嫌なバンカー。それが新雪のようなサラサラであったなら、子供達と砂遊びをするには適しているのでしょうが、バンカーショットとなると非常に面倒なものです。 ...

バックスピンをかけてグリーンを捉えろ!

テレビでプロゴルフを見ているとバンカーからエクスプロージョンをかましつつショット。でも、「あ〜、カップを越えちゃったか・・・」と、思いきやまるで磁石...

早朝の凍ったバンカーの攻略方法

日本には四季があり、暖かい時期のゴルフは気持ちがいいですが、寒い冬に行うゴルフは非常に辛い。腰や膝に来るばかりでなく、手もかじかみ、ちょっとのミスでバンカー...