ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイング講座:バンカーショット編 > ガードバンカーを攻略しろ!

ガードバンカーを攻略しろ!について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

目の前はグリーン!!
でも、私のボールは砂の中・・・。


グリーンが・・・、カップが目の前にある状態の
バンカーショットというのは、
非常に緊張します。


寄せワンを、あわよくば、チップインしちゃうかも。
なんて、色々と考えちゃいますよね。


そして、良い感じでスイング!
のはずが、ざっくり(※)。

※アプローチショットでボールの手前を叩いてしまう
 ミスショットのこと


今度こそは!とざっくりに気をつけてスイングすると
ホームランでボールはグリーンの向こうへ。



もう、こんな悲しい思いをするのは最後にしましょう。



バンカーショットがうまく打てない場合、
とりあえず確認したいのが、テイクバックでの
フェースの向き
です。


テイクバックでフェースを閉じると、
ダウンスイングの際にシャフトが寝やすくなって
ボールの下側にヘッドが入りづらくなります。


逆にフェースを開いてテイクバックすると、
ダウンスイングでシャフトが寝ません。


すくい打ちになりにくい分だけ、
ボールの下側にヘッドが入りやすく、
砂の爆発力を利用してバンカーから脱出できます


フェースを開く場合に注意したいのが、
ヘッドの軌道です。


ヘッドをまっすぐに引いて、フェースを開く。
ハーフスイングの位置で
フェースが上を向くぐらいが良いでしょう。


テイクバックでフェースが開く感じを掴めるようになったら、
次はダウンスイングを確認しましょう。


この場合でのダウンスイングでは、
基本的にボディーターンは必要ありません


体を回すこと無く、左手を構えた位置に戻すことを
意識するようにしましょう。


右腰付近までグリップが降りた時に、
左手が下、右手が上になっていることが大切。


というのも、左手が下がってしまうと、
ダウンスイングでシャフトが絶対に寝ないからです。


右肩も下がらないので、
ヘッドを上から下に振り下ろせるようになります。


このように左手を下げる感じが分かりづらい場合は、
両手を離してグリップした状態で
シャドースイング
をしてみてください。


ダウンスイングで大切な事は、
テイクバックで振り上げた手を振り上げた分だけ
真下に下ろす
ことです。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイング講座:バンカーショット編記事一覧

フェアウェーバンカー脱出テクニック

フェアウェーバンカーでのスイングとなると、ダフリをしないように気をつけようとして右足よりにボールをセットしたがる方が少なくないですね。でも、実はこのセット方法は...

ガードバンカーを攻略しろ!

目の前はグリーン!!でも、私のボールは砂の中・・・。グリーンが・・・、カップが目の前にある状態のバンカーショットというのは、非常に緊張します。寄...

極めろエクスプロージョン!

あたかも火山が噴火したかのような、バンカーショット。巻き上がる砂の中から、ボールが出てくるときの気持ちよさはバンカーショットの芸術とも言えるでしょう。 ...

バンカーでホームランを打たない

石川遼選手や、宮里藍選手のようになりたくて、ゴルフを始めたものの、気付けばバンカーショットで、ホームラン王となっていた。そんな悲しい思いはもう最後です。...

さらさらの砂に負けるな!

ただでさえ嫌なバンカー。それが新雪のようなサラサラであったなら、子供達と砂遊びをするには適しているのでしょうが、バンカーショットとなると非常に面倒なものです。 ...

バックスピンをかけてグリーンを捉えろ!

テレビでプロゴルフを見ているとバンカーからエクスプロージョンをかましつつショット。でも、「あ〜、カップを越えちゃったか・・・」と、思いきやまるで磁石...

早朝の凍ったバンカーの攻略方法

日本には四季があり、暖かい時期のゴルフは気持ちがいいですが、寒い冬に行うゴルフは非常に辛い。腰や膝に来るばかりでなく、手もかじかみ、ちょっとのミスでバンカー...