ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイング講座:バンカーショット編 > フェアウェーバンカー脱出テクニック

フェアウェーバンカー脱出テクニックについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

フェアウェーバンカーでのスイングとなると、
ダフリをしないように気をつけようとして
右足よりにボールをセットしたがる方が少なくないですね。


でも、実はこのセット方法は間違っていますので、
心当たりのある人は今日から改善してください。


そもそも、右足よりにセットするほど、
ハンドファーストの構えになることで、
ロフトが減ってしまいます。


そうなると、結果的にボールが上がりづらくなる分だけ、
前方のアゴ(バンカーの縁)が気になってしまうでしょう。


一度気になってしまうと、
個性的なスイングをするようになってしまい、
結果としてすくい打ちなどのミスが出てしまうのです。


例えフェアウェーバンカーでも、
ボールが砂に埋まっていなければ、
ボールを右にセットする必要はありません。


ライ(ボール周辺の芝や砂の状況)が普通なら、
ボールは両足中央付近にセットしましょう。


その方が自然なスイングが出来ますから、
すくい打ちのミスを減らすことが出来ます。


フェアバンカーでのスイングのコツは
テイクバックにあります。


テイクバックでは、クラブヘッドを
早い段階で高い位置に持っていきましょう。


このとき、クラブヘッドを急角度で上げたほうが、
すくい打ちを防止できます。


また、ヘッドの運動量を増やしてやることで、
効率よくヘッドスピードが上げられます。


ヘッドを高く上げる際のポイントは、
手首のコックです。


指導と共にクラブエンドを下に向け、
左手親指を立てるように手首をつかっていくことで、
ヘッドを持ち上げます。


左腕が地面と平行に達したときには、
ヘッドは頭の上ぐらいに位置するようにしましょう。


グリップエンドを体から遠ざけるように
手首をコックすると、手打ちにはなりません。


しっかりと肩が入ったトップが作れるはずです。


あとは、右手ではなく、左手でコックをほどきながら、
ダウンスイングからインパクトへとつなげます。


左手を体に引きつけながら、
右手を前に伸ばしていきます。


この動きをイメージして手首のコックをほどくと、
ダウンで右肩が下がりません。


上げた軌道をなぞるようにヘッドが下がって、
手前の砂を叩くこと無くボールを捉えられますよ。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイング講座:バンカーショット編記事一覧

フェアウェーバンカー脱出テクニック

フェアウェーバンカーでのスイングとなると、ダフリをしないように気をつけようとして右足よりにボールをセットしたがる方が少なくないですね。でも、実はこのセット方法は...

ガードバンカーを攻略しろ!

目の前はグリーン!!でも、私のボールは砂の中・・・。グリーンが・・・、カップが目の前にある状態のバンカーショットというのは、非常に緊張します。寄...

極めろエクスプロージョン!

あたかも火山が噴火したかのような、バンカーショット。巻き上がる砂の中から、ボールが出てくるときの気持ちよさはバンカーショットの芸術とも言えるでしょう。 ...

バンカーでホームランを打たない

石川遼選手や、宮里藍選手のようになりたくて、ゴルフを始めたものの、気付けばバンカーショットで、ホームラン王となっていた。そんな悲しい思いはもう最後です。...

さらさらの砂に負けるな!

ただでさえ嫌なバンカー。それが新雪のようなサラサラであったなら、子供達と砂遊びをするには適しているのでしょうが、バンカーショットとなると非常に面倒なものです。 ...

バックスピンをかけてグリーンを捉えろ!

テレビでプロゴルフを見ているとバンカーからエクスプロージョンをかましつつショット。でも、「あ〜、カップを越えちゃったか・・・」と、思いきやまるで磁石...

早朝の凍ったバンカーの攻略方法

日本には四季があり、暖かい時期のゴルフは気持ちがいいですが、寒い冬に行うゴルフは非常に辛い。腰や膝に来るばかりでなく、手もかじかみ、ちょっとのミスでバンカー...