ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アプローチ編 > 砲台グリーンを攻略!

砲台グリーンを攻略!について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

砲台グリーン(※)を見ると、
「とにかく打ち上げて載せなきゃ・・・。」
という緊張感に囚われてしまい、なかなかうまくいきません。


※フェアウエーより一段高く盛り上がるように造られたグリーン


中途半端にダフったり、トップになったり、
せっかくうまく当てても転がって戻ってくる始末。


ブーメランじゃないんだから・・・・(;´Д`)


なんて、嘆いた経験ありませんか?
今日は砲台グリーンの攻略についてお話しします。



まず、砲台グリーンをうまく決める
アプローチのポイントは、ボールの位置


ボールを打ち上げる場合、体の中央より
若干左に来るようにセットする
のが基本です。


そうすることにより、
クラブシャフトが地面と垂直に決まりますから、
SWのロフトを減らさないで構えられます。



アプローチという言葉を聞くと、
ボールを体より右側にセットしたがる人が居ますが、
これでは、ハンドファーストに構えることになるため、
ロフトが減ってしまいます。


低い弾道で打つ場合には問題ありませんが、
高く打ち上げる場合には、適しません。


また、この状態でゴルフを続けている人の場合、
経験から打ち上がらないことがわかっているために、
変にすくい打つスイングとなってしまっています。


これだと、ミスをしてしまいがちですので
気付いた人は十分に注意してください。




砲台グリーンへのアプローチのポイントは、
とにかく打ち込まないことです。


打ち込む弾道では、インパクトが点となり、
ほんの少しだけのズレでもダフリやトップになります。


ダフリやトップを防ぐには
ヘッドを低く引いておいて、低く振り抜きます。


パットを打つ時と同じように考えると、
インパクトが点ではなく、面になりますよ。



練習方法として、
7番ウッドやユーティリティを使います。



7番ウッドやユーティリティを短く持って、
ボールを打ってみましょう。


その時のポイントは、

手首をあまり使わないようにする

・ボールの少し前からソールを滑らせ、
 リーディングエッジが少し浮いた状態でボールを捉える

です。


ボールをフェースに乗せる感覚がつかめたら、
SWで練習しましょう。


打ち込まなくてもボールが浮くようになっているはずです。



↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アプローチ編記事一覧

ダフリ・ざっくりにさようなら

ゴルフ練習場だとうまくいくのに、いざ、本番!ってなるとダフってしまう・・・こんなこと、よくありますよね。緊張とか、興奮など精神的なものもあると思いますが...

シャンク・トップはもう打たない

シャンク(ヘッドとシャフトの接合部でボールを打ってしまうこと)やトップ(ボールの半分より上を打ってしまうこと)を防止するコツはいくつかありますが、アマチュアが勘違いしがちな...

短いアプローチを失敗しないコツ

フルショットは普通に打てるにも関わらず、30ヤード程度の短めの距離になった途端に、急にトップをやってしまう・・・。そんな悩みは無いですか?もし、...

ランニングアプローチのコツ

うまくショットを打てたと思ったのに、ボールが地面に落下後にうまく転がってくれない・・・。この場合、大抵はスイング時の手首の使い方に問題があります。落...

40〜50ヤードをしっかり決める!

フルショット可能なアプローチでは調子が良くても、40〜50ヤードのような短い距離、ハーフショットになった途端にダフったり、トップしたり・・・そんな悩みをお持ちの...

もう池越えで失敗しない!

目の前に広がった池。そして、その先に広がるグリーン。絶対に越えて、グリーンに乗せてやろうと思えば思うほど・・・池ぽちゃ(涙)プレッシャーにはなか...

寄せワンを極めよう!

テレビのゴルフ中継を見ていると、「やっぱりプロだなぁ・・・」と思ってしまう瞬間の一つが”寄せワン”ですね。綺麗にカップに向かって、まるで引き寄せられるかのよ...

砲台グリーンを攻略!

砲台グリーン(※)を見ると、「とにかく打ち上げて載せなきゃ・・・。」という緊張感に囚われてしまい、なかなかうまくいきません。※フェアウエーより一段高く盛り上がる...