ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アプローチ編 > ランニングアプローチのコツ

ランニングアプローチのコツについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

うまくショットを打てたと思ったのに、
ボールが地面に落下後にうまく転がってくれない・・・。


この場合、大抵はスイング時の
手首の使い方
に問題があります。


落下後のボールの転がりが悪い場合、
インパクトゾーンで左手首が手の甲の方向に向いて、
よりロフト(クラブフェースの傾斜角)を増やした状態

なってしまっているのです。


要するに、7番を手にしても、
実際は8〜9番のロフトでショットしている
という状態になってしまっているのです。


だから、落下後の転がりも悪い。



あなたが左手首の向きを意識しているかどうかは
わかりませんが、転がりが悪いならば、
このロフトが増えてしまっていることが原因です。



では、改善するにはどうすれば良いのか?


結論から言えば、転がしたいのであれば、
ロフトを減らし、その状態でショットをすれば良い訳です。


この感じを身に付けるには、
ちょっとした素振り方法が効果的です。


まず、右手はいつもどおりにグリップします。
左手は、軽く開いた状態にして、手のひらの真ん中に
クラブのグリップエンドをあてがいます。


その状態を作ったら、左手のひらで
グリップエンドを左に押し出し、その反動を利用して、
ヘッドをテイクバック方向に動かします。
(右手の位置は固定し、手首は柔らかくしておく)


右手を支点に、グリップエンドが左に動いた反動で、
クラブヘッドがテイクバック方向に動きますね。


この方法でテイクバックすると、
自然とロフトが減ってきます。



通常のグリップに戻しても動きは同じ。


手首を使って、グリップエンドを左に動かし、
その反動でテイクバックを行う。


転がしたいときは、テイクバックでコック
(地面に対して垂直方向に手首の角度をつけること)して、
手首を使うのが良いですよ。



↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アプローチ編記事一覧

ダフリ・ざっくりにさようなら

ゴルフ練習場だとうまくいくのに、いざ、本番!ってなるとダフってしまう・・・こんなこと、よくありますよね。緊張とか、興奮など精神的なものもあると思いますが...

シャンク・トップはもう打たない

シャンク(ヘッドとシャフトの接合部でボールを打ってしまうこと)やトップ(ボールの半分より上を打ってしまうこと)を防止するコツはいくつかありますが、アマチュアが勘違いしがちな...

短いアプローチを失敗しないコツ

フルショットは普通に打てるにも関わらず、30ヤード程度の短めの距離になった途端に、急にトップをやってしまう・・・。そんな悩みは無いですか?もし、...

ランニングアプローチのコツ

うまくショットを打てたと思ったのに、ボールが地面に落下後にうまく転がってくれない・・・。この場合、大抵はスイング時の手首の使い方に問題があります。落...

40〜50ヤードをしっかり決める!

フルショット可能なアプローチでは調子が良くても、40〜50ヤードのような短い距離、ハーフショットになった途端にダフったり、トップしたり・・・そんな悩みをお持ちの...

もう池越えで失敗しない!

目の前に広がった池。そして、その先に広がるグリーン。絶対に越えて、グリーンに乗せてやろうと思えば思うほど・・・池ぽちゃ(涙)プレッシャーにはなか...

寄せワンを極めよう!

テレビのゴルフ中継を見ていると、「やっぱりプロだなぁ・・・」と思ってしまう瞬間の一つが”寄せワン”ですね。綺麗にカップに向かって、まるで引き寄せられるかのよ...

砲台グリーンを攻略!

砲台グリーン(※)を見ると、「とにかく打ち上げて載せなきゃ・・・。」という緊張感に囚われてしまい、なかなかうまくいきません。※フェアウエーより一段高く盛り上がる...