ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アプローチ編 > 短いアプローチを失敗しないコツ

短いアプローチを失敗しないコツについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

フルショットは普通に打てるにも関わらず、
30ヤード程度の短めの距離になった途端に、
急にトップをやってしまう・・・。


そんな悩みは無いですか?



もし、あなたがこのタイプであるならば、
スイング時の手や腕の使い方を一度見なおしてみましょう。



短いアプローチが上手くいかない人ほど、
体を使わずに手や腕だけで
クラブを使ってしまっている傾向にあります。


これがミスショットのもと。


体に対して手や腕が動きすぎてしまうことで、
スイングの軌道が安定しなくなるんですね。


だから、インパクトが緩みやすくなるのです。



短い距離のアプローチであるほど、
しっかりと体を使ってスイングすることが大切です。


アプローチでは手や腕を使わないようにした方が、
軌道が安定し、ボールを捉えられるようになります。


多くのアマチュアが勘違いをしていますが、
あまり飛ばさないようにしようと考えて、
体を使わないようにスイングするのは間違いです。


あまり飛ばさないようにしたいなら、
手を腕をつかわずにクラブを動かしたほうが
軌道が安定し、ミスショットを減らせるようになりますよ。



手や腕を動かさないでクラブを動かすコツはふたつ。


"腕を硬く使うこと"と、
"へそを左右に動かすようにスイングする"
ということ。


腕を硬く使うというのは、グリップをしっかりと握って、
腕を体の正面に維持しておくということです。


振り上げるときも、振り下ろすときも、
積極的に腕を左右に振らないように気をつけていれば、
腕を硬く使っていけるようになります。



へその動きについては、
ボールが入った籠などを抱えて
スイング練習をすると感じをつかめます。


お腹にヘッドカバーなどを挟むと、
より一層、へその動きが分かるようになります。


脇を締めて、籠を持ってアドレスを決めたら、
テイクバックでは、ヘッドカバーを大きく右に動かします。


ダウンスイングからフォローにかけては、
ヘッドカバーを大きく左に動かします。


へそが左右に動けば、それにつられて籠も動くはずです。
これが手を使わないスイングとなります。



↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アプローチ編記事一覧

ダフリ・ざっくりにさようなら

ゴルフ練習場だとうまくいくのに、いざ、本番!ってなるとダフってしまう・・・こんなこと、よくありますよね。緊張とか、興奮など精神的なものもあると思いますが...

シャンク・トップはもう打たない

シャンク(ヘッドとシャフトの接合部でボールを打ってしまうこと)やトップ(ボールの半分より上を打ってしまうこと)を防止するコツはいくつかありますが、アマチュアが勘違いしがちな...

短いアプローチを失敗しないコツ

フルショットは普通に打てるにも関わらず、30ヤード程度の短めの距離になった途端に、急にトップをやってしまう・・・。そんな悩みは無いですか?もし、...

ランニングアプローチのコツ

うまくショットを打てたと思ったのに、ボールが地面に落下後にうまく転がってくれない・・・。この場合、大抵はスイング時の手首の使い方に問題があります。落...

40〜50ヤードをしっかり決める!

フルショット可能なアプローチでは調子が良くても、40〜50ヤードのような短い距離、ハーフショットになった途端にダフったり、トップしたり・・・そんな悩みをお持ちの...

もう池越えで失敗しない!

目の前に広がった池。そして、その先に広がるグリーン。絶対に越えて、グリーンに乗せてやろうと思えば思うほど・・・池ぽちゃ(涙)プレッシャーにはなか...

寄せワンを極めよう!

テレビのゴルフ中継を見ていると、「やっぱりプロだなぁ・・・」と思ってしまう瞬間の一つが”寄せワン”ですね。綺麗にカップに向かって、まるで引き寄せられるかのよ...

砲台グリーンを攻略!

砲台グリーン(※)を見ると、「とにかく打ち上げて載せなきゃ・・・。」という緊張感に囚われてしまい、なかなかうまくいきません。※フェアウエーより一段高く盛り上がる...