ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アイアン編 > 100ヤードをまっすぐ飛ばせ!

100ヤードをまっすぐ飛ばせ!について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

ショートアイアンで引っ掛けてしまうことって良くありますよね?


初心者の方がこれをやってしまう原因として、
アドレスの時の体の向きによる影響がほとんどです。


左に外すことが多い人ほど、
その引っ掛かり分を考慮して右を向いて構えています。


普通に考えれば、それは正しく思われますが、
右を向いて構えたら方向性が安定しないのです。



体が右を向いて構えていたとしても、
頭の中がピンに向かってしまっているために、
ダウンスイングの軌道がアウトサイドインに
なってしまっている方が多くいます。


ロフトが多いショートアイアンの場合、
アウトサイドイン軌道でスイングしても、
コスリ球になりづらいもの。


ロフトの影響でボールがつかまります。


ショートアイアンで引っ掛けないためには、
アドレスを封印することが絶対条件となります。



では、実際にどんな工夫をすれば、
まっすぐに飛ばすことが出来るのか?



それは、飛ばす方向を意識して構えると、
右を向きやすくなっているわけですから、
そこを注意する必要があります。


あなたがアドレスする位置の後方から、
目標を定めて、それに肩の向きを合わせるように
アドレスを決めるようにしましょう。



ボールの位置と、体の位置は同じではありません。

ゴルフの場合、ボールから離れて構える分だけ、
肩のラインが飛ばす方向よりも左を向くのが好ましいのです。


目安としては、カップまでの距離の10%分程度、
左を向くようにしましょう。


今回100ヤードの距離をまっすぐに飛ばすことを
目標をしていますから、10%分の10ヤード程度、
左を向いて構えましょう




これで肩のラインは飛ばす方向とほぼ平行となり、
目標に対してまっすぐに構えたことになります。



↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アイアン編記事一覧

手打ちの矯正

これから寒くなるにつれ、体が動きづらくなり、ついつい手打ちのゴルフスイングになってしまいがちです。手打ちになってしまうと、スライスや引っ掛けを出してしまう結果に...

ダフらないスイングのポイント

日頃の練習では、調子よくダウンスイングが決まり、ボールも良い弾道を描く。でも、いざ、本番となると地面をダフって(擦って)しまい、ボールを上手く飛ばせない・・・。...

曲がらない安定した打ち方

スライスの弾道になったと思ったら、次は逆球の引っ掛け。常にアイアンを使うと、その弾道が定まらない人をよく見受けます。もし、あなたもそのひとりなら、 ...

つま先上がりの傾斜克服のコツ

ゴルフボールの位置が高ければ高いほど、地面をダフってしまったり、引っ掛かりをしてしまっていませんか?もし、あなたもつま先上がりの傾斜地でのショットが苦手なら...

つま先下がりの傾斜克服のコツ

通常の場合に比べ、チョロやトップが出やすいのが、つま先下がりの傾斜地ですね。あなたも経験があるはずです。普通に構えるスタンスよりもボールのほうが低い位置...

左足上がりの傾斜克服のコツ

ボールの手前側が低い左足上がりは、左足下がりと比べて、ダフりの可能性はないですが、引っ掛けが非常に出やすいので気を付ける必要があります。左足上がりの傾斜地におけ...

左足下がりの傾斜克服のコツ

ゴルフコースでの左足下がりの傾斜地におけるスイングは得意ですか?この時のスイングのポイントはアドレスにあります。左足下がりの傾斜地においては、出...

100ヤードをまっすぐ飛ばせ!

ショートアイアンで引っ掛けてしまうことって良くありますよね?初心者の方がこれをやってしまう原因として、アドレスの時の体の向きによる影響がほとんどです。左...