ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アイアン編 > 左足上がりの傾斜克服のコツ

左足上がりの傾斜克服のコツについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

ボールの手前側が低い左足上がりは、
左足下がりと比べて、ダフりの可能性はないですが、
引っ掛けが非常に出やすいので気を付ける必要があります。


左足上がりの傾斜地におけるスイングのポイントは、
傾斜に逆らって構えないことです。


どのクラブを使用する場合でも、
右足に体重があることを意識して、体を右に傾けます。


つまり、肩のラインが傾斜地と同様、
左肩が右肩よりも上の位置となるように、
地面と平行にします。



色々と考えてしまうと、
傾斜地と平行に構えるのを忘れてしまいがちですから、
気をつけてくださいね。



左足上がりの傾斜地の場合は、
100ヤードくらいの距離だとしても、
ドライバーでのスイングのように
ボールの右側を覗き込むように構えましょう。



このアドレスを決めたら、
体の傾きを維持したままスイングに入ります。


体重移動は必要ありません。
アドレスから最後まで、ずっと右足体重のままです。


この状態を練習で身につけよる方法として、
素振りの際に左足を軽く浮かせて、
右足一本でスイングしてみてください。


転倒に十分気をつける必要がありますが、
こうすることで、右足軸でスイングする感覚を
つかみやすいですよ。


また、この時にクラブを大きく振り回そうとすると
転倒やバランスを崩してしまい、ミスショットに繋がります。


クラブは少し短めに持つようにし、
いつもの80%程度の力でスイングするようにしましょう。




アドレスから打ち終わるまで右足体重を維持し、
右足踵を地面から浮かさないようにすること。

イメージとしては、右足の上に頭がくるようにすると、
ダフったりすることなく、ボールを飛ばすことが
できるようになるはずです。




↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アイアン編記事一覧

手打ちの矯正

これから寒くなるにつれ、体が動きづらくなり、ついつい手打ちのゴルフスイングになってしまいがちです。手打ちになってしまうと、スライスや引っ掛けを出してしまう結果に...

ダフらないスイングのポイント

日頃の練習では、調子よくダウンスイングが決まり、ボールも良い弾道を描く。でも、いざ、本番となると地面をダフって(擦って)しまい、ボールを上手く飛ばせない・・・。...

曲がらない安定した打ち方

スライスの弾道になったと思ったら、次は逆球の引っ掛け。常にアイアンを使うと、その弾道が定まらない人をよく見受けます。もし、あなたもそのひとりなら、 ...

つま先上がりの傾斜克服のコツ

ゴルフボールの位置が高ければ高いほど、地面をダフってしまったり、引っ掛かりをしてしまっていませんか?もし、あなたもつま先上がりの傾斜地でのショットが苦手なら...

つま先下がりの傾斜克服のコツ

通常の場合に比べ、チョロやトップが出やすいのが、つま先下がりの傾斜地ですね。あなたも経験があるはずです。普通に構えるスタンスよりもボールのほうが低い位置...

左足上がりの傾斜克服のコツ

ボールの手前側が低い左足上がりは、左足下がりと比べて、ダフりの可能性はないですが、引っ掛けが非常に出やすいので気を付ける必要があります。左足上がりの傾斜地におけ...

左足下がりの傾斜克服のコツ

ゴルフコースでの左足下がりの傾斜地におけるスイングは得意ですか?この時のスイングのポイントはアドレスにあります。左足下がりの傾斜地においては、出...

100ヤードをまっすぐ飛ばせ!

ショートアイアンで引っ掛けてしまうことって良くありますよね?初心者の方がこれをやってしまう原因として、アドレスの時の体の向きによる影響がほとんどです。左...