ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アイアン編 > つま先下がりの傾斜克服のコツ

つま先下がりの傾斜克服のコツについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

通常の場合に比べ、チョロやトップが出やすいのが、
つま先下がりの傾斜地ですね。


あなたも経験があるはずです。


普通に構えるスタンスよりもボールのほうが低い位置にあるため、
どうしてもボールの上っ面を叩きやすくなってしまいます。


そんなミスショットを無くすために
気をつけて欲しいポイントが"アドレス"です。


つま先下がりの傾斜地では、
ダウンスイングで少しでも体が浮いてしまうと、
当たり前ですがクラブヘッドがボールを捉えられません。


だから、体の浮き上がりを押さえる為に、
体が上下に動かしづらい構えをしてやる必要があります。


たいていの方は、この時、腰を落として、
背筋は出来るだけ伸ばすように構えますが、
これでは体が上下しやすいのです。


この場合は、少々腰に負担が掛かりますが、
腰をあまり落とし過ぎず、
腰を曲げて背筋を伸ばす状態
を作りましょう。


骨盤部分から前に傾け、胸が下を向くように
と言えばわかりやすいでしょうか。



この姿勢をつくることで、胸が下を向き、
クラブを縦に振りやすくなるはずです。

つま先下がりの傾斜地では、クラブは縦に振ったほうが
体の浮き沈みを防ぐスイングを行えるようになります。



アドレスのコツを掴んだら、
次はクラブを真上に上げるイメージで、
テイクバックを行う
ようにしましょう。


真上へのテイクバック。
つま先下がりの傾斜地では、これが正しい振り上げ方です。


クラブを縦に振るために、真上に上げるコツは、
肩を回転させる方向に掛かっています。


胸が下を向く前傾姿勢となった体の芯に対して、
水平に肩を回すことに注意すると
テイクバックで左肩が下がってクラブを真上に上げられます。


この左肩を下げるというイメージが沸き難い場合は、
テイクバックで左ひざと左肩が近づいていくことを
意識する
と良いですよ。


これを意識することで、少なくとも左肩は浮かなくなります。
あとは、前傾した体の芯を軸に水平にスイングが行えるでしょう。


尚、つま先下がりの傾斜でも、
つま先上がりの時同様に、体重移動は意識する必要はありませんよ。


テイクバックもダウンスイングも、
腕の振りと肩の回転のみでいけます。



↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アイアン編記事一覧

手打ちの矯正

これから寒くなるにつれ、体が動きづらくなり、ついつい手打ちのゴルフスイングになってしまいがちです。手打ちになってしまうと、スライスや引っ掛けを出してしまう結果に...

ダフらないスイングのポイント

日頃の練習では、調子よくダウンスイングが決まり、ボールも良い弾道を描く。でも、いざ、本番となると地面をダフって(擦って)しまい、ボールを上手く飛ばせない・・・。...

曲がらない安定した打ち方

スライスの弾道になったと思ったら、次は逆球の引っ掛け。常にアイアンを使うと、その弾道が定まらない人をよく見受けます。もし、あなたもそのひとりなら、 ...

つま先上がりの傾斜克服のコツ

ゴルフボールの位置が高ければ高いほど、地面をダフってしまったり、引っ掛かりをしてしまっていませんか?もし、あなたもつま先上がりの傾斜地でのショットが苦手なら...

つま先下がりの傾斜克服のコツ

通常の場合に比べ、チョロやトップが出やすいのが、つま先下がりの傾斜地ですね。あなたも経験があるはずです。普通に構えるスタンスよりもボールのほうが低い位置...

左足上がりの傾斜克服のコツ

ボールの手前側が低い左足上がりは、左足下がりと比べて、ダフりの可能性はないですが、引っ掛けが非常に出やすいので気を付ける必要があります。左足上がりの傾斜地におけ...

左足下がりの傾斜克服のコツ

ゴルフコースでの左足下がりの傾斜地におけるスイングは得意ですか?この時のスイングのポイントはアドレスにあります。左足下がりの傾斜地においては、出...

100ヤードをまっすぐ飛ばせ!

ショートアイアンで引っ掛けてしまうことって良くありますよね?初心者の方がこれをやってしまう原因として、アドレスの時の体の向きによる影響がほとんどです。左...