ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アイアン編 > つま先上がりの傾斜克服のコツ

つま先上がりの傾斜克服のコツについて

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

ゴルフボールの位置が高ければ高いほど、
地面をダフってしまったり、
引っ掛かりをしてしまっていませんか?


もし、あなたもつま先上がりの傾斜地での
ショットが苦手ならば、一度ダウンスイング時の
左手の軌道
を一度確認してみてください。



つま先上がりの傾斜地において、
ダウンスイングで左手が浮いてしまうと
良いショットは生まれません。


というのも、左手が浮けば浮くほど、
その反動でクラブヘッドが下がってしまい、
下側から入ってしまうようになります。


結果として、ボールの手前をダフったり、
当然ながら、構えた位置にクラブヘッドが
戻りにくくなってしまいます。


では、どうすれば、
つま先上がりの傾斜地のアイアンショットを
克服することができるか。


それは、クラブをかなり短く持つことです。


そして、アドレスを決めるときに、
左腕とクラブが一直線になるぐらいの感じで、
ハンドアップ気味に構えましょう。


このように短く持つことで、
振り遅れにくくなる分だけ、
ダウンスイングで左手が浮きづらくなりますよ。


また、ハンドダウンよりもハンドアップ気味
構えたほうが、体とボールの距離が適度に離れて、
腕の遊びが無くなる分、左手が浮きづらくなります。


ボールの位置が高くなればなるほど、
クラブを短く持つようにしつつ、
腕も下より前向きに伸ばして構えてみましょう。


この方がダウンスイング時に
手や腕が余計な動きをするのを防げますから、
構えた位置に左手を戻し易くなるはずです。



↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。

 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アイアン編記事一覧

手打ちの矯正

これから寒くなるにつれ、体が動きづらくなり、ついつい手打ちのゴルフスイングになってしまいがちです。手打ちになってしまうと、スライスや引っ掛けを出してしまう結果に...

ダフらないスイングのポイント

日頃の練習では、調子よくダウンスイングが決まり、ボールも良い弾道を描く。でも、いざ、本番となると地面をダフって(擦って)しまい、ボールを上手く飛ばせない・・・。...

曲がらない安定した打ち方

スライスの弾道になったと思ったら、次は逆球の引っ掛け。常にアイアンを使うと、その弾道が定まらない人をよく見受けます。もし、あなたもそのひとりなら、 ...

つま先上がりの傾斜克服のコツ

ゴルフボールの位置が高ければ高いほど、地面をダフってしまったり、引っ掛かりをしてしまっていませんか?もし、あなたもつま先上がりの傾斜地でのショットが苦手なら...

つま先下がりの傾斜克服のコツ

通常の場合に比べ、チョロやトップが出やすいのが、つま先下がりの傾斜地ですね。あなたも経験があるはずです。普通に構えるスタンスよりもボールのほうが低い位置...

左足上がりの傾斜克服のコツ

ボールの手前側が低い左足上がりは、左足下がりと比べて、ダフりの可能性はないですが、引っ掛けが非常に出やすいので気を付ける必要があります。左足上がりの傾斜地におけ...

左足下がりの傾斜克服のコツ

ゴルフコースでの左足下がりの傾斜地におけるスイングは得意ですか?この時のスイングのポイントはアドレスにあります。左足下がりの傾斜地においては、出...

100ヤードをまっすぐ飛ばせ!

ショートアイアンで引っ掛けてしまうことって良くありますよね?初心者の方がこれをやってしまう原因として、アドレスの時の体の向きによる影響がほとんどです。左...