ゴルフスイングの基本を見直してシングルプレーヤーへ!TOP > ゴルフスイングの基本講座:アイアン編 > 曲がらない安定した打ち方

曲がらない安定した打ち方について

カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 

スライスの弾道になったと思ったら、
次は逆球の引っ掛け。


常にアイアンを使うと、
その弾道が定まらない人をよく見受けます。


もし、あなたもそのひとりなら、
一度ダウンスイング時のクラブのシャフトの位置
確認してみてください。



ダウンスイング開始後に
シャフトが首あたりを通過している場合、
方向性を安定させづらくなります。


というのも、シャフトがスイングプレーンから
大きく外れてしまっているために、
ダウンスイング後半からインパクトの部分で、
余計な動きをしてしまうからです。



曲がらないアイアンのスイングを身に付けるには、
テイクバック後半部分とダウンスイング前半部分で、
シャフトがほぼ同じ位置を通る
のが望ましいのです。


上げるときも、振り下ろすときも、
右肩の先を斜めに横切るような形になっていれば、
ダウンスイング後半に余計な動きが入ることはありません。


これが曲がらないアイアンショットのコツです。



理想的なアイアンのスイングを行うポイントは、
右腕に気をつけると良いでしょう。


トップから、すぐに体のひねりをつけてしまうと、
それにつられてグリップが動いてしまうため、
シャフトがスイングプレーンから外れてしまいます。


ダウンスイングでシャフトを正しい場所を通過させるコツは、
体の捻りよりも右腕の上下を意識するようにしましょう。


より、分かりやすいコツとしては、
右肘の動きを意識するようにすると良いです。


トップからダウンスイングに移る際に、
右肘を下に下ろす形でダウンスイングを開始します。


右肘が体に触れるまでは、
体の捻りを意識しなくて結構です。


右肘が下がるまで体の開きを我慢できれば、
ダウンスイングでシャフトの位置が良いところを
通過するようになりますよ。



↓理想的なスイングを身に付けてシングルプレーヤーを目指しましょう。


 



カウントダウンタイマー

飛距離アップのゴルフスイングテクニック

今すぐクリック!

 


ゴルフスイングの基本講座:アイアン編記事一覧

手打ちの矯正

これから寒くなるにつれ、体が動きづらくなり、ついつい手打ちのゴルフスイングになってしまいがちです。手打ちになってしまうと、スライスや引っ掛けを出してしまう結果に...

ダフらないスイングのポイント

日頃の練習では、調子よくダウンスイングが決まり、ボールも良い弾道を描く。でも、いざ、本番となると地面をダフって(擦って)しまい、ボールを上手く飛ばせない・・・。...

曲がらない安定した打ち方

スライスの弾道になったと思ったら、次は逆球の引っ掛け。常にアイアンを使うと、その弾道が定まらない人をよく見受けます。もし、あなたもそのひとりなら、 ...

つま先上がりの傾斜克服のコツ

ゴルフボールの位置が高ければ高いほど、地面をダフってしまったり、引っ掛かりをしてしまっていませんか?もし、あなたもつま先上がりの傾斜地でのショットが苦手なら...

つま先下がりの傾斜克服のコツ

通常の場合に比べ、チョロやトップが出やすいのが、つま先下がりの傾斜地ですね。あなたも経験があるはずです。普通に構えるスタンスよりもボールのほうが低い位置...

左足上がりの傾斜克服のコツ

ボールの手前側が低い左足上がりは、左足下がりと比べて、ダフりの可能性はないですが、引っ掛けが非常に出やすいので気を付ける必要があります。左足上がりの傾斜地におけ...

左足下がりの傾斜克服のコツ

ゴルフコースでの左足下がりの傾斜地におけるスイングは得意ですか?この時のスイングのポイントはアドレスにあります。左足下がりの傾斜地においては、出...

100ヤードをまっすぐ飛ばせ!

ショートアイアンで引っ掛けてしまうことって良くありますよね?初心者の方がこれをやってしまう原因として、アドレスの時の体の向きによる影響がほとんどです。左...